入試情報

入試情報

在校生からのメッセージ

C. N(普通科1年)

 私が本校を選んだ理由は、バトントワラーズ部に入りたいからです。元々、高校に入ったらもう一度チアダンスをすると決めていました。様々な高校を見学する中で、本校のバトントワラーズ部は私にとって特に魅力的でした。チアだけでなく、リリカルやトールに挑戦できる。全国大会の優勝経験がある。また「がんばるあなたを応援します」という言葉にも心を惹かれました。先生方は実に個性豊かな良い方々で本当にここに来てよかったと思います。
 私は特進コースで学んでいます。人数が少ない上、3年間クラス替えがありません。少し寂しいですが、その分、教室を広く使えたり、クラスの絆が強かったりといいところもたくさんあります。また、勉強する時はする、楽しむ時は楽しむといった切り替えがしっかりできるクラスです。先日の文化祭では、一致団結して星のミュージアムをつくり、見事最優秀賞をいただきました。本当に嬉しかったし、最高の思い出になりました。
 本校は学習環境が整っている素晴らしい学校です。エレベーター・エスカレーター、免震構造の新館は、2013年に建てられた9階建ての立派な校舎です。冷暖房は全館に完備されており、季節を問わず快適に過ごせます。校庭は広く、体育館は3つあります。新館9階には展望レストランがあり、東京スカイツリーや富士山が見えます。また本校は設備面だけでなく、行事面も充実しています。

 

N.U(普通科1年)

 私が本校に入学した理由は2つあります。1つめは校舎が綺麗なところです。エレベーター、エスカレーターや9階の展望レストランがあってこの校舎で3年間過ごしたいと思ったからです。2つめは特進コースに入り、学力を向上させたいと思ったからです。本校の特進コースでは月曜日に早稲田予備校の講師の先生に来校いただき、学校にいながら予備校の授業が受けられます。また、火曜日から木曜日は7時間授業です。したがって、大学進学したい私にはすごく適していると思いました。
 私は高校に入ってから、軽音楽部に入部しました。ほぼ毎日練習があります。部内発表会や他の高校との合同ライブがあったり大変だけどとても楽しいです。

 
A. S (普通科1年)

 私が本校を志望した理由は、全館エアコン完備や綺麗なトイレなど設備が整っていることと、大学進学する際に先生方が手厚く指導してくれるからです。私の場合、姉が本校の卒業生だったので、話を聞く機会がたくさんありました。そして実際に見学に行き、更に実感しました。また、姉がお世話になっていた先生と話をして、色々なことを教えてもらい、私はこの千葉経済大学附属高等学校に入学することを決めました。
 本校に入学してからは、学習面はもちろん、部活動の方も力を入れて頑張っています。本校は3学期制の学校なので、中学とは授業の進み具合やテストの回数が少し違います。ですが、慣れてくるので心配はいりません。高校に入ると部活動をやらない人が増えますが、私は部活動をやることをお勧めします。中学のときは吹奏楽部でしたが、高校ではバトミントン部に入部した友達もいます。このように、文化部から運動部に変えた人もいるので、新しい事に挑戦してみたい人は是非、部活動をやってみてはどうでしょうか。ちなみに、私はバドミントン部に所属しています。初めはやるか迷っていましたが、今は入部して良かったと思っています。友達もたくさんできて、毎日が楽しいです。

 
R. M (普通科1年)

 私は今夏に、本校企画のオーストラリアへの語学研修プログラムに参加しました。全体を通しての感想はとても楽しく良い経験になりました。期間はおそよ2週間、その間月曜日~金曜日までは現地の学校に、現地の生徒と同様に学校に通い、帰宅してからはホームステイ先のホストファミリーとすごしました。土日も終日ホストファミリーとすごしました。およそ2週間の研修を経て、オーストラリアの文化を肌で感じ、異国の良いところや、少し不便なところ、日本の良さやオーストラリアに劣っているところなどを改めて考える良い機会になりました。この研修から私は英語がもっと好きになり、将来は英語を使用する職に就きたいと思い、それに向けて勉強しています。
 本校、千葉経済大学附属高等学校は学習面のみならず部活動も大変盛んな学校です。私は何か新しい事を始めようと思い、軽音楽部に入部することにしました。軽音楽部の具体的な活動は部活動の部内でバンドを組み、大会や文化祭、イベントでの演奏披露などです。今夏には千葉市のライブイベントにて優秀な成績を収めることができました。非常に楽しく充実した学校生活を送ることができています。

 
Y. S(普通科2年)

 私は中学校でも入っていた吹奏楽部に高校でも入部しました。高校と中学では一人一人の責任の大きさや、指導の仕方が大きく違います。責任の大きさに関しては、中学のときは、顧問の先生が色々と仕切って下さったり、指導していただいたりしましたが、高校では部員が自ら行動して何かを企画したり、自分達で演出を考えたりするので達成感が大きい反面、責任が大きくあります。指導の仕方でも、具体的で的確なものが多く、中学よりも完成度を上げて曲を仕上げています。また、外部から指導の先生を招いてレッスンをしていただけるので、よりよい演奏ができるようになってきています。
 高校では中学と違い文化祭があります。そこでは、クラスでの出し物はもちろん、各文化部の発表もあり、様々な人が楽しむことができます。また、去年の文化祭からCCP(Culture Club Project)という軽音楽部、ストリートダンス部、バトントワラーズ部、吹奏楽部の4つの部活動によるコラボ企画も始まり、より一層楽しむことができるようになりました。吹奏楽部も、自分達で選曲したり振り付けを考えたりして大変でしたが、とても充実した発表となりました。

 
S. T(普通科3年)

 私が千葉経済大学附属高等学校を選んだ理由は、校長先生の「頑張るあなたを応援します」と言う言葉に背中を強くおされたことと、強い学校でバスケットボールがしたいと思い選びました。バスケットボール部に入り、礼儀がしっかりとし、あいさつが徹底されました。人としてあるべき姿を3年間で学べ、自分の行動すべてに自分で責任を持つようになりました。そして、3年連続インターハイ出場という成績を残すことができ、私にとって高校3年間は、大きな財産になりました。私は今まで培った経験を活かし、将来は体育教師になることが目標です。それを実現する為に、体育学部のある大学への進学を目指し、受験に関して、先生方から指導を受けています。
 高校を選ぶことは、自分の将来にもつながっていくことなので、とても悩むと思います。千葉経済大学附属高等学校には、普通科・商業科・情報処理科があります。生徒一人一人の目的にあった学習ができます。まだ夢が見つかっていない人でも、頑張るあなたを応援してくれます。ぜひ、学校見学へいらしてください。お待ちしています。

 
A. T(普通科3年)

 私は千葉経済高校のバスケットボール部の先輩方への憧れや、強豪校でバスケットボールを挑戦したいという気持ちから私は千葉経済高校を選びました。入学してからは毎日朝早くから夜遅くまで厳しい練習に励み、ベンチにも入れなかったり、苦しい日々が続きましたが、最高学年となり、副部長を任され、ユニフォームを着て念願のベンチにやっと入ることができました。そしてチームとしては、ひとつの目標としていた全国大会出場を達成しました。私が入学をしてから3年連続全国大会出場という本校バスケットボール部初となる新しい歴史を刻むことができました。これには私に関係してくださった多くの方々のサポートや応援があったからです。千葉経済高校に入学をして、自分にとってかけがえのない、一生忘れることのない素晴らしい経験をすることができました。苦しいこともあったけれど、今の自分があって本当に良かったと思っています。途中、結果が出なくても、時に自分を犠牲にしても、それまでに頑張ってきたことが自分の成長へと繋がると自信を得られました。
 これから私は大学へ進学し、金融関係の仕事に就く夢を叶えるために経験してきたことを活かして勉強や新たな分野に挑戦していきます。

 
H. N(商業科1年)

 私が千葉経済大学附属高校を志望したかというと理由は3つあります。
1つ目は、学校の印象が良かったからです。特に、あいさつが積極的に行われているように思われました。しかも言葉だけでなく礼や笑顔からも気持ちが伝わって来る心のこもったあいさつでした。二つ目は文化祭です。昨年見学した時に1人1人が協力し、素晴らしい文化祭だと思いました。今年度、私のクラスは「VS嵐」の番組をモチーフとした「VS経済」をやりました。準備の時から気合が入っていた私達は全員が一団となり、出来るだけ番組で行っていることを実現させたいと思い、毎日準備に励みました。特に頑張ったのは、ピンボールランナーの上から降りてくるボールの向きを変える棒とキッキングスナイパーの得点の缶を移動させるための台車です。台車はまっすぐ進まなかったのでひもを使ってバランスを調節したところ、少しも曲がらず進むようになりました。その時の感動は今でも忘れられません。文化祭当日では準備の時に工夫した点が活かされて、とても達成感を味わうことができました。

 
K. S(商業科1年)

 私が千葉経済大学附属高等学校を選んだ理由は、文化祭や高校体験で、在校生の明るい雰囲気と自由な校風にひかれたからです。商業科では、会社や企業など仕事に必要な基礎を学ぶことができます。「簿記」という科目は、会社などのお金の流れを計算して帳簿に記録・整理することを学びます。これは検定試験もあり、合格すれば資格を取得することができます。「ビジネス基礎」という科目は、ビジネスに関わる売買、コミュニケーションなど経済活動に関わる社会全体の基礎を学びます。今までに触れたことのない専門用語ばかりですが、将来に繋がると思うので予習・復習を頑張っています。
 また、千葉経済大学附属高等学校は部活動も盛んで50種近い部活や同好会があります。
私は自分の特技を磨きたいと思い、ストリートダンス部に入部しました。9月初旬の経高祭に向けての練習は夏休み中も毎日のようにありましたが、センターを任せてもらえたり、先輩や他の科に通う生徒とも交流が深められ、とても充実した日々を過ごしています。

 
Y. T(商業科2年)

 僕が経済高校に進学した理由はいくつかありますが、その中でも自分の興味のある分野を専門的に学びたかったというのは大きな理由の一つです。ですから普通科ではなく商業科に通っていますし、経済高校には情報処理科という学科もあるので中にはそこで自分の夢に向かって勉強してる人もいます。中2、中3になると進路がどうのこうの先生や親に言われて何をしたらいいのか、何が正しいのか分からなくなる人も多いと思います。ですが常に自分は見失わないでほしい。それは僕がずっと思ってきたことでもあります。
 言い換えると「信念」を持つということでもあります。社会に出て一番強い人は勉強がずば抜けてできる人でもなければ、資格をたくさん持っている人でもありません。社会で成功し、人生を楽しんでいる人に共通しているのは信念や情熱のようなアツイものを本気で持っている人です。皆さんがどの道を選ぼうとも、有意義で輝いた未来になることを心から願っています。それと、くれぐれも友達は大切にしてくださいね。

 
R. U(商業科3年)

 私は商業科で勉強しています。なぜ商業科を志望したかというと、他の科では勉強しない事や、商業科でしか取得できない資格がたくさんある面に魅力を感じたからです。
今、自分のやりたいことが決まっていなくて不安に思っている人もいると思います。私も中学生の頃そうでした。しかし、商業科に入ることで、高度な資格を自分の頑張り次第で、たくさん取得できます。それにより、将来を考えた際に職業の幅が広がり、就職する際にとても有利になると思います。
私は、ストリートダンス部に所属していました。部活に入ることで、本校は3つの科があるので学校生活で関わりがない人とも仲良くなれて、友達の輪が広がり、より楽しい高校生活が送れると思います。
 ストリートダンス部は、3年生が引退する前は、100人近い部員がいました。校内発表やコンテスト前は毎日練習がありますが、普段の練習は週に4回なので勉強も頑張りたいと思っている人も両立できると思います。
 練習は、辛くて大変な時もありますが、コンテストで賞をとったり、校内発表でみてくれた人に褒められたりすると、辛かった練習なんか忘れてしまうほど、頑張って良かったなと思えるし、達成感を感じられます。
初心者、経験者大歓迎なので、経済のダンス部に興味をもってくれたらうれしいです。

 
Y. M(情報処理科2年)

 私が、本校に入学して努力していることは、資格の取得です。私は普通科ではなく、情報処理科という、パソコンや情報のさまざまな検定試験にチャレンジし、学んでいく科で学んでいます。
 本校の先生方はすごく熱心で分かりやすい授業をしてくれるので、1年間で多くの資格取得ができます。大学受験や就職の際にとても役立つので、卒業までに上の級を目指して、たくさんの資格にチャレンジして頑張ります。放課後などに補習を受けたり、勉強をすれば合格は誰でも可能なので、高校生のうちに取得するのが1番良いタイミングだと思うので、資格を取りたいと思っている人は、情報や商業の専門科に進むのはいいと思います。何か目的や目標をもって充実した生活を過ごしてもらいたいです。
 11月には、高校生活の大イベントである九州地方への修学旅行があります。3泊4日という長い修学旅行なので、とても今から楽しみです。他にも、陸上大会や文化祭、校外レクなどの行事もあります。高校によって、いろいろな行事があると思うので、自分の行きたい学校の行事なども知っておくと、さらに高校生活が楽しみになると思います。

 
Y. K(情報処理科2年)

 私は卓球部に所属しています。部活動はとても厳しい環境であったり私の家の事情により、学校に許可を得て、アルバイトや勉強に専念することにしました。それからは陸上競技会や文化祭などの学校行事を楽しんだり、私は英語が好きなので、オーケストリアにホームステイをしたりして、英語を中心に勉強を頑張っています。ホームステイは2週間滞在しました。1人1人が各家庭に行き、ホストファミリーと一緒にさまざまな体験をしました。また、12月には「ブリティッシュヒルズ」という2日間の英語を学ぶ機会があります。短い期間ですが、良い経験になるのではと思います。ホームステイやブリティッシュヒルズなどとても良い経験、思い出になるので、私はオススメします。
 こんな私からですが、中学生の皆さんにアドバイスをさせていただきます。私が伝えたいことは「今を楽しむこと」「夢や目標を持つこと」「夢に向かって勉強を頑張ること」です。これを成し遂げることができれば、自分の夢や目標を叶えることができたり、楽しい日々を過ごせるはずです。夢や目標がないと頑張れないと思うので、見つけられていない人は、早めに見つけるのが良いです。皆さんは「今を見て今を頑張る」ことがやるべきことだと思うので自分のために頑張ってください。私は心から応援しています。

 
 
 
 

 

LINK

 

ADDRESS

〒263-8585
千葉県千葉市稲毛区轟町4-3-30
TEL: 043-251-7221
FAX: 043-284-0124

 

MOBILE SITE

千葉経済大学附属高等学校 携帯サイト
https://www.cku-h.ed.jp/m/
QR CODE
携帯でQRコードを読み取って
携帯サイトにアクセス!