スクールライフ

スクールライフ

先生からのメッセージ

☆新入生の皆様へ(5月7日)
                         総務部 部長 伊藤 靖
 ご入学おめでとうございます。いよいよ高校生活がスタートするところではありますが、現在も休校が続いておりご心配をお掛けしております。この状況が一刻も早く収束し、皆さんとお目にかかれるのを楽しみにしております。
 さて、私たち総務部は、生徒の皆さんが安全に、そして快適に学習に取り組めるような環境づくりを常に心掛け、日々努力をしています。新入生の皆さんにも初めての各施設を安心安全に使用してもらえるように、これからも色々な計画や努力をしていきたいと思います。
 総務部では生徒の皆さんに対して、特に3つのお願いをしています。
「校内の美化や清掃を心掛けよう」・・・生徒一人ひとりが環境美化に関心を持ち、気持ちの良い学校づくり。
「施設を正しく安全に使用しよう」・・・生徒全員が共有する施設ばかりです。大切に清潔に使用しよう。
「災害時に備えた心構えをしておこう」・・・いつ起こるかわからない災害に対して、知識と関心を持とう。
 以上の3つの項目について、日頃から関心を持ち実行することで充実した高校生活が送れると思います。
 これから一緒に協力し合いながら、「住みよい学校づくり」を目指して頑張って行きましょう。


☆生徒の皆様へ(5月7日)
                         総務部 副部長 阿部 智篤
 元気ですか?お菓子だけでなくしっかり食事はとっていますか?

 そして、毎日勉強していますか?毎日、決まった時間に机に向かい、届いた課題をひらいて、予習・復習をしていますか?
 先行きが見えないなかで、つい、勉強の意義そのものも揺らいでしまうかもしれませんが、今はブレずに頑張る時です。
 でも、こんな日々を繰り返していったら、将来はどうなるのか、小さな不安は消えません。学校も始まらない。だからといって、ゲームやSNSなどで遊んで1日をやり過ごしてしまうことは、やめたほうがいい。与えられたこの時間の過ごし方が、自分自身の将来につながることを忘れず、不安と向き合い、そして自分と向き合いましょう。
 課題のほかに、本を読む、音楽を聴く、料理に挑戦してみる・・・ノートやペンを持たなくても、ちょっとした疑問や工夫する気持ちを持てば、これも勉強や研究。日々続けてください。

 今年も学校内の桜がきれいに咲きました。そのほかの様々な植物も元気です。
 植物は自分自身が輝ける時季が来るまで、耐えて待ちます。今の私たちも同じかもしれない。
 体調管理に気を配り、どうぞ時間を大切にお過ごしください。それでは。

 

☆新入生の皆様へ(5月1日)
                         生徒指導部 部長 池端 直樹
 新入生の皆様、ご入学おめでとう御座います。
 来たるべき高校生活に向けて期待に胸を膨らませていることと思います。しかしながら新型コロナウイルスの影響で休校を余儀なくされている現状です。皆さんの思いは同じであり、先の見えない不安にかられていることでしょう。現状を受け入れつつ、今回の事態を機にこれまでの学校生活を振り返り、再開後の自身をイメージする良いタイミングだと捉えてほしいです。
 本校の生徒であることを自覚しスタートを切り、それぞれの新たな目標達成のために勉学に励み自主自律の精神を養うことが、より充実した高校生活に繋がっていきます。自宅にいながら「新たな目標」を見つけてほしいと願い、そして希望に満ちた毎日が訪れることを大いに期待しています。
 皆さんと会えることを楽しみにしております。

☆生徒の皆様へ(5月1日)
                         生徒指導部 副部長 田中 良明
 皆さん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?本来は学校が始まり「今頃、楽しい学校生活を送っていたはずなのに…」と私も毎日思っています。不安や焦りなど様々な葛藤の中、ストレスの溜まる毎日を過ごしていると思いますが、マイナスな事ばかり考えていても1日1日がつまらないものになってしまいます。私は「常に前向き・プラスに考える」ように心掛けて生活しています。さて、人生を楽しむ為には、なぜプラス思考であることが必要なのでしょうか?
 楽しい事よりも辛い事。楽な事よりも試練が多いのが人生。人生が試練である事は誰にとっても同じです。ただ、違ってくるのは「その考え方」です。
【神様は、その人に乗り越えられる試練しか与えない!】という言葉があります。
 今のこのご時世を、悲観しないで「この先の事」をプラスに考え行動してもらいたいと思います。マイナス思考で試練は克服できません!学校は必ず再開されます。1年生の皆さんは楽しい高校生活を思い描いて。2・3年生は友人に会える日・部活動再開を楽しみに、今自分ができる事にチャレンジ精神を持って取り組んで下さい。そして、家の手伝いは率先してするように! 前向きな努力は必ず報われます。皆さんに会える日を楽しみにしています。

 

☆生徒の皆さんへ(4月27日)
                         教務部(授業・試験等の業務担当) 部長 横田 秀人
 生徒の皆さん、どのような日々を過ごしていますか?
 皆さんに会うことができず残念ではありますが、多くの先生方が述べられている通り、今は我慢の時です。様々な制約がある日常ですが、そのような時だからこそ『自分磨き』に励んでください。この状況を逆手に取り、可能な範囲で、今までできなかったこと・してこなかったことに挑戦してください。『自分磨き』ができれば平常の生活に戻ったときに、より充実した時間を過ごすことができるはずです。
 さて、話題は変わりますが、私からは課題についての確認をさせてもらいます。学校から届いた課題に日々、一生懸命取り組んでくれていることと思います。後日皆さんから提出される課題ですが、当然のこととして、その内容を点検し評価しますので、内容に不備がないようにしてください。もし、課題について不明な点があれば遠慮なく問い合わせてください。君たちの悩みは先生方の悩みでもあります。一緒に考えましょう!
 それでは、皆さんと学校で再会し、そして、共に学べる日を楽しみにしています。くれぐれも健康に留意して、有意義な時間を過ごしてください。

☆生徒の皆さんへ(4月27日)
                         教務部(授業・試験等の業務担当) 副部長 原田 浩二
 皆さん、いかがお過ごしですか?外出自粛等でストレスや不安を感じていることもあるでしょう。日本は太古の昔から疫病や災害を乗り越えてきた民族です。
 現在、登校・外出自粛のなか、返ってこんなに多くの時間を自分や家族と過ごす機会もないはずです。学習のみならず、趣味や軽い運動など時間を有効に費やしてください。
 そこで皆さんに2つ提案します。今だからできること。
①目標の設定 長期的(将来) 中期的(卒業後の進路) 短期的(学習への取り組み)
 です。これらは、普段の生活ではなかなか考えられないことです。このような状況だからこそのアイデアなどあるかもしれません。気になることや目標、思いついたこと、不安に思ったこと,うれしい出来事何でも構いません。ノートに記してみましょう。日常に戻った際、そのノートを見返すとき、何かのヒントになるでしょう。
②「論語」の実践
 本校HP学校案内のタブに今月の論語があります。各月のリンクをのぞくと12の章句 があります。自分にぴったりな論語が少なくとも1句はあると思います。それを見つけ 日々実践していきましょう。
【5月の章句】『己の欲せざる所を人に施すことなかれ』(Please stay home)
 笑顔で皆さんにお目にかかれる日を心待ちにしております。

 

☆生徒の皆さんへ(4月24日)
                         進路指導部 部長 今関 俊光
 コロナウイルスは世界中に広まり、世界は未曽有の危機に直面しています。その中でみなさんは、多くのことに自粛を求められ、不安な日々を過ごしているはずです。ただこの時間は、みなさんにとって大切な人の生命、自分のいる社会そのものを守るためには何が必要なのか、これから起こることを考えて、自分はどう行動していくべきなのかを深く考える機会となるはずです。
 地球的な規模で起きている危機に対して、各国では様々な対策がなされており、人々が一丸となってこの難局に向かい合っています。各国の緊急対応からも多くを学び、考えることができるでしょう。
 みなさんはまず、この大変な時期を充電期間と考えて、学校から送られてくる課題に取組んで下さい。強く生まれ変わったみなさんと1日も早く会えることを心から楽しみにしています。

☆生徒の皆さんへ!(4月24日)
                         進路指導部 副部長 須藤 真
 新入生の皆さん、2・3年生の皆さん、こんにちは。進路指導部の須藤です。
 新型コロナウイルスの影響で、学校に来られないだけではなく、色々と我慢しなければならないこともあり、つらい気持ちになることが多いと思います。友達に会えないこと、進学や就職の準備を例年通りに進められないこと、目標としていた部活の試合が中止や延期になってしまったこと。どれも、本当につらいことです。
 そして、皆さんは行動が制限され、やりたい事もできず、一人で過ごす時間が多くなっていると思います。本当に大変な時期ですが、こんな時だからこそ、できる事をしっかりと頑張っていきましょう。
 どんな状況でも一日は24時間あり、いつでも事の成否は時間をどう使ったかで決まります。一人で勉強やトレーニングなどを頑張るのは、本当に強い意志が必要で、簡単なことではありませんが、学校が再開され、それぞれの道に向かって再び歩き始める時のために、今はその準備をしっかりと行ってほしいと思います。
 くれぐれも、健康には注意をして、頑張ってください。学校が再開されて、皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 

☆普通科1学年の皆さんへ!(4月21日)
                         普通科1学年主任 佐藤 洋介
 皆さんに、学校で会えないのは、残念でなりません。しかし、今は国、世界の一大事です。自分の命、家族の命、仲間の命を守る行動をし、健康の維持に努めてください。
 理解はしていても、日々、我慢を強いられることの方が多いと思います。しかし、西郷隆盛の一節 『雪に耐えて梅花麗し』 を座右の銘にしていた元メジャーリーガー、広島東洋カープの黒田投手がいました。「苦しまずして栄光無し」自主自律の精神で、向上心を持ち続け、困難に立ち向かう強さを人生で表したような方です。人間、「楽」をしたがります。でも、「楽」と「楽しい」では意味が違います。「楽しい」とは自分に期待をするから楽しくなります。これからの未来に期待をし、今できることに真摯に取り組んでください。成功者と呼ばれる人たちは、常に前向きです。言葉の変換をし、心のギアを入れ替えましょう!
 入学式はまだ行われていませんが、先日の校長先生のメッセージで、入学を許可され、千葉経済大学附属高等学校の生徒となりました。自立した考えや行動が求められているこのときに、少しでも成長した皆さんに、早く学校で会えることを楽しみにしています。

☆専門科新入生の皆様へ(4月21日)
                         専門科1学年主任 宍戸 文恵
 新入生の皆様、体調を崩すことなく元気でお過ごしでしょうか。
 生活の多くを制限され、ストレスの溜まる日々と闘っておられることでしょう。
 先日、高校から各教科課題が届いたと思いますが、1学年の芸術選択科目については、第一希望の科目ではなく、第二希望のものが送付された方々が複数名います。「全員を第一希望に」とは叶わず、人数や教場の関係で第二希望にさせていただきました。大変恐縮ではありますが、ご了承ください。
 まだまだ先の見えない日々が続きますが、限られた環境のなかでも心豊かに過ごす工夫は沢山あると思います。ピンチがチャンスに変わるかどうかも考え方次第です。大切な方々と支え合いながら、健康に留意をしながら心豊かに一日一日を過ごしていただきたいと願っております。私達も皆さんをお迎えし、充実した学校生活を送っていただけるよう全力で準備に励んでまいります。そして、新入生の皆様と元気な姿でお会い出来る日を、指折り数えながら楽しみにしております。とにかく、互いにコロナウイルスに感染しない・させない生活を心がけ、来たる高校生活に向けて力を貯めておきましょう。

 

☆生徒の皆さんへ(4月20日)
                         普通科2学年主任 坂本 潤一
 新入生の皆さんそして新2、3年生の皆さん、不自由な生活が続き不安と戸惑いで心身ともに辛い日々を過ごされている事と思います。是非食事と睡眠をしっかりと取り免疫力を高め体調管理に十分に留意してください。
 本来ならば期待と希望を抱き楽しい学園生活を送っているはずのこの春に、世界に広がるウイルスの感染状況の中、大変に残念ではありますが本校も臨時休業により始業式そして入学式の延期を強いられ現在に至っております。この休業の目的の第一は皆様の健康を守ることです。そしてご家族の健康と私たちの社会を守ることです。現在感染の拡大を防ぐためには私たち国民一人一人の自粛生活という行動に期待されています。自宅で今何ができるのか。今何をすべきなのか。この臨時休業という期間をチャンスと捉えて有効に過ごしてください。また先日課題を送らせていただきました。しっかり取り組んでください。
 大変な日々が続きますが5月に入り学校が再開する日には心身ともに健康でそして笑顔でお会いできることを楽しみにしています。

☆専門科2年生の皆様へ(4月20日)
                         専門科2学年主任 日野 三佐子
 こんにちは。専門科2学年主任の日野です。
 お元気ですか。
 先日、1年次の成績連絡票を保護者の方に送らせて頂きました。ご覧になりましたか。
 成績連絡票は1年間の学校生活の総決算ともいうべきものです。学業生活の反省すべき点も、もちろんあるでしょう。また、2年次に向けて新しい目標の機会ともなるはずです。
 入学時、皆さんは「資格をたくさん取りたい」と言っていましたね。この1年間で多くの資格取得ができました。皆さんの努力の賜物だと思います。頑張りましたね。今は、たくさんの時間があり、家でも資格取得に向けて様々な事が出来ると思います。高い目標を目指し、計画を立て、コツコツと習得し高度資格を取得して下さい。
 また、各教科の課題も出ています。一覧表を見て、毎日時間を決めて学習して下さい。
 大きく成長した皆さんの姿を期待しています。
 最後になりましたが、健康に留意し(良く食べ・良く運動し・良く寝る)お過ごし下さい。
皆さんにお会い出来る日を楽しみにしています。

 

☆普通科3学年の生徒諸君へ(4月17日)
                         普通科3学年主任 中澤 紀夫
 先日、今年度の新しい教科書と休校中の課題を送りましたが、その中で自分が選択した教科書や課題が入っていなかったり、違う教科書や課題が入ってしまっていたり、教科書を包んでいた袋が破れていたりなど、先生たちのミスの問い合わせが何件かありました。該当の諸君には、この場を借りて、まずお詫びします。また他にも「自分もだけど」という人は、学校に連絡をください。
 ところで、教科書や課題と一緒に送った私からのメッセージは見てくれたでしょうか?
 今回は、前回のメッセージで触れなかったことを書きます。最近のニュースを見ると、感染経路の追えない感染者の増加が報じられています。もはや市中感染が起こっているともいえる状況だそうです。専門医の方が言っていました、「自分が感染しないための行動ではなく、自分が他人に感染させないような行動もするべきです。」と。咳エチケットはもちろん、不特定多数の人との接触を避ける事など、今まで以上に気をつけてください。ここで大事なことは「自制心」です。若い人たちは感染しても症状が軽く済むと言われています。自分のことだけ考えれば、そんなに神経質にならなくてもいいかなと考える人もいると思います。しかし、万が一自分が感染し、それによって自分の大切な人にうつしてしまったら、その人が重症化し苦しむことになってしまったら……。それはとても悲しく、辛いことだと思います。この現状を考えて、したいことがあっても、今するべきではない事は「が・ま・ん」してください。

☆専門科3年生の皆さんへ(4月17日)
                         専門科3学年主任 伴 雅史
 皆さんこんにちは。現在、新型コロナウイルスの影響で学校が休業中です。その事が皆さんの学校生活や部活などにも影響しており、大会中止など今までにない状況にあります。しかし、部活を通して学んできたことが多くあります。そのことを今後の生活に役立ててください。
 みなさんにとって一番大事な進路(進学・就職)に関しても、説明会が中止または延期となり、目の前に迫ってきた進路へ不安があると思います。
 今皆さんには試練が与えられています。しかし、乗り越えられない試練はないので、この状況を乗り切りましょう。それには先ず、健康管理、けじめのある生活習慣、責任を持った行動で規則正しい生活をしてください。
また、新学期となっていますので、皆さんが登校する時期には検定試験の申し込みが始まります。休業中という大変な状況ですが、このような時こそ家庭で検定試験の学習をしてください。手元に問題集がないという人もいると思いますが、ネットで過去問題を調べることもできます。今自分にとって何ができるかを考え、取り組んでください。
 新学期が始まったら、授業に進路に検定に大変あわただしくなると思います。その準備を今のうちにしてください。
 学校が始まったら皆さん元気でお会いしましょう。

 

☆生徒の皆さんへ(4月15日)
                         教頭(普通科 科長) 小針 美由紀
 皆さん、不自由な生活が続いていますが、いかがお過ごしですか?
 学校では、校長先生の叙勲記念樹の八重桜が咲きましたが、見る人もあまりいなくて寂しそうです。今年は植樹したてで花が少なかったのですが、来年はもう少し多くの花を愛でられることを楽しみにしています。
 コロナウイルス感染防止のためとはいえ、ずっと家の中にいなくてはならず、気持ちも鬱屈としてきてしまいがちですね。私は芸術科なので、作品作りをおすすめします。小説、絵、漫画、曲、新しいレシピに挑戦するのも良いかもしれません。我慢しているのは皆さんだけではありません。家族とお互いに「一人の時間」を尊重し合いつつ、優しい心を忘れずに、皆で乗り越えましょう。

 

☆生徒の皆さんへ(4月14日)
                         教頭(専門科 科長) 安藤 あづさ
 皆さん、元気でお過ごしでしょうか。緊急事態宣言下、何事もない日常生活がどれほど有り難いことなのかを感じている今日この頃です。
 我々人類は、100年に1度というパンデミック(感染症)との戦いに勝利しなければなりません。そのためには、心身ともに健全である必要があります。まず、自分自身の健康を守りましょう。3度の食事を規則正しく摂り、十分な睡眠を取りましょう。
 思うように外出できないストレスがあるかも知れません。でも、家に居ることを「チャンス」と考えてみましょう。家族の為に食事を作ったり、部屋の掃除をしてみたり、課題も送られてきました。授業再開に向けての準備も、入念に行うことができるのです。
 この非日常を前向きにとらえ、始業式・入学式では元気な姿でお目にかかりましょう。  楽しみにしています。

 

☆生徒の皆さんへ(4月13日)
                         副校長 飯島 一生
 自粛生活の日々が続いていますが、体調管理は大丈夫ですか。昨日までに、新2・3年生の皆さんには今年度勉強する教科書が配送されたと思います、ページを開いてみましたか。新入生の皆さんは、真新しい制服に身を包んでみましたか。もうしばらく我慢の日々が続きますが、自己管理をしっかりして学校再開の日に備えてください。
 しかし、臨時休業が延長され授業ができない日々に焦りを感じてしまう事もあるかもしれません。運動部の皆さんであれば、関東大会や予選会が中止になって残念な思いをしていることでしょう。でも、君たちにはこの先多くの時間があります。今は、5年先10年先の自分と社会のために、想像力を総動員して、今できることを探しましょう。先生方は、5月になって君たちが登校してくるのを学校で待っています。
 なお、課題について不明な点があれば学校に電話で問い合わせてください。


 

☆在校生の皆様、保護者の皆様へ(4月10日)
                         学校長 佐久間 勝彦
 生徒の皆様そして保護者の皆様には、ご健勝でお過ごしのことと思います。
 本校は平素より、生徒の健康と安心・安全に心を配って教育にあたっています。緊急事態宣言が千葉県に発出されましたので、5月6日までは臨時休業としました。この間は不要不急の外出は避けてください。
 なお、休業期間に励行する学習課題などを宅配便で送付しました(1年生4月9日、2・3年生4月10日)。計画的に自宅学習するとともに、読書をしたり音楽に耳を傾けたりして穏やかな気持ちで過ごしましょう。
 また、「健康チエック表」をクリアファイルに入れて同封しました。毎日朝夜に検温して健康管理に努め、発熱があったり体調に異常を覚えたりする時には、適切な対応をお願いします。

 私たち教職員は、1日も早く感染拡大が収束へと向かい、校風「明朗・真摯・友愛」そのものの生徒たちが元気に登校して、学校に活気が満ち溢れることを待ち望んでいます。
 始業式と入学式は5月7日以降になります。近くになりましたらホームページでお知らせしますので確認願います。

LINK

 

ADDRESS

〒263-8585
千葉県千葉市稲毛区轟町4-3-30
TEL: 043-251-7221
FAX: 043-284-0124