入試情報

入試情報

在校生からのメッセージ

H. N(普通科1年)

 本校を選んだ理由の一つにオーストラリア・パースのホームステイ研修があります。今年の夏休みに2週間のこの研修に参加しました。中学の頃から英語が好きで海外に興味を持っていた私は、この研修を以前から楽しみにしていました。
 「英語を英語で学ぶ」ということは簡単なことではありません。はじめてホストファミリーに会った時は、私が話す英語が果たして通じるかどうか、不安と緊張で一杯でした。しかし、ホストファミリーのホリーさん一家は、とても気さくな方で私を家族の一員として迎えてくれました。
 ホームステイ期間中は毎日現地の学校に通い、中学生・高校生と一緒に学ぶことになります。あまり上手ではないけれど、日本語で一生懸命話しかけてくれる友達ばかりで、こうした友達のおかげで打ち解けることが出来ました。たくさん思い出ができたころにお別れとなり、最後には泣いてしまいました。
 この体験を無駄にしないように、私は今英語の授業を頑張っています。今度行われる英検にも挑戦します。いつかまたオーストラリアのもう1つの「家族」に会える日のために。

 

R.I(普通科1年)

 本校は全校生徒約1800人のマンモス校です。そのために一学年の人数もとても多いです。私が本校を志望した理由はそこにあります。同じ年の人達がこれだけ集まれば、より多くの人とコミュニケーションを取ることができると思ったからです。そして、入学してからは思った通りに、中学校では出会えないような人達とたくさんコミュニケーションを取ることが出来ています。
 私はラグビー部に所属していて、毎日とても厳しい練習を夜遅くまで行っています。しかし、そんな厳しい練習にも達成感があり、私の場合はタックルがきれいに入ったり、仲間と協力して勝負に勝てたときはとても気持ちが良いです。
 友達は「先輩達はみんな優しくて部活が楽しい」と言っています。みなさんがもし本校に入学し、部活をやりたいのであれば、色々な部活を回ってみることを強く勧めます。きっと自分に合った部活を見つけることができるはずです。

 
I. S (普通科1年)

 私は強い学校でバスケットボールがしたいと思い、先生の指導もすばらしいと聞いたので、本校を選びました。確かに練習に対する熱意はもちろんのこと、マナーや挨拶が徹底していて充実しています。練習は走るメニューが多く、辛い練習もあるけれど、一人一人が声を出し励ましあいながら誰一人諦める人はいなくて、1つの目標に向かって日々練習を頑張っています。先輩も優しく、よくアドバイスをくれます。私はそのアドバイスを忘れないで出来なかったプレーは、自主練習などで出来るように練習を頑張っています。
 私が入学して頑張っていることは部活動だけではなく、勉強も頑張っています。高校生になると勉強する科目が多くなり、問題も中学生のときより難しいです。だから私はテスト期間の間は電車の中でも勉強をすることがあります。時間を少しでも上手く使うことが大切だと思います。
 私は高校を選ぶときはたくさん悩みました。親と話し合ったり友達にも相談をしました。高校を選ぶことは、自分の将来にもつながっていくことなのでとても悩むし、大変だと思いますが、あせらないで自分の目標にあった高校を選んでこの高校で良かったと思えるような高校をぜひ選んでください。

 
K. K (普通科2年)

 私が本校を選んだ理由はまず、先生方や生徒の雰囲気がとても良いからです。入学する前に文化祭に行きましたが、生徒が男女に関係なく楽しそうにしているのでとてもいいなと思いました。説明会で先生方に会い、お話をさせていただいたときにも、とても丁寧に学校の良さを教えていただき、優しく私達生徒を一人一人大切に見てくれると思いました。そして、私は保育士を目指しています。短期大学にはこども学科があるので先のことも考えて本校で頑張ることを決意しました。
 私は中学からの友達が少なかったため、本校に入学してから友達作りを頑張りました。クラスの子にたくさん話しかけて今では、他クラスの友達ができて毎日が楽しいです。勉強面でも変わったと思います。

 
K. N(普通科2年)

 私が入学を機に努力していることは、「何ごとにも恐れず、自信をもってチャレンジすること」です。本校には、県内の様々な学区から生徒が集まり、遠い友人は約2時間かけて通っています。初めて声をかけるときはとても勇気がいりましたが、心の壁をもたずに接していると、自然体になり、親しくなれて、色々な私を受け入れてくれる沢山の先生方の中で日々を過ごしています。
 今年の夏休みには、オーストラリアへ2週間ホームステイに行ってきました。世界から見た自分と日本を目の当たりにし、貴重な体験をすることができました。毎日が新鮮で、以前の自分と比べものにならないくらい、アクティブに生活することができました。
 私は幼少の頃よりヴァイオリンを弾いていましたが、吹奏楽部に入部し、新たにコントラバスを始め、あこがれだった千葉県少年少女オーケストラにも入団しました。勉強、趣味を両立するには時間的にも難しいことですが、自立心をもって「できる自信と喜び」を実感しており、将来の事が徐々に明確化し、私の中の世界観も変化しています。
 皆さんはプレッシャーを感じることが多くなる頃かと思います。しかし、将来の夢をしっかりもっていれば、自らの努力で更に素敵な自分が開花されることでしょう。今は未来の自分への“通過点”です。ブレない自分、負けない自分を信じ、受験生という自分を信じて邁進するあなた方を、一年先に歩み始めている私は応援します。

 
H. F(普通科3年)

 私が高校生になってもやっていることは、できるだけ毎日、どんなに少しでもいいから勉強することです。例えば、数学はその日にやったことを次の授業までに復習して、理解できるようにしたり、英語は単語の予習や、できるときは和訳もして理解を深めようと頑張っています。他の教科でも同じです。その成果は定期テストでわかります。テスト前だけに勉強するのではなく、日々コツコツと積み重ねていくことが大切です。勉強だけでなく部活動も同じです。
 私は茶道部に所属していますが、約3ヵ月でお点前ができるようになりました。これもきっと、毎週毎週のお稽古を積み重ねてきたからだと思います。やはり「努力は欠かせない!!」と思いました。
 本校では「楽しい!!」と思えるイベントがあります。それは文化祭です。文化祭では、いろいろな部活動の活躍が見られます。私は昨年、初めて本校の文化祭に参加しました。とても明るく、元気な生徒たちが文化祭を盛り上げて、一生忘れられない思い出をつくることができました。来年も再来年も、とても楽しみです。

 
A. N(普通科3年)

 私は本校の特進コースで日々学習しています。特進コースでは火・水・木曜日の週3日、7限目まであり、知識をしっかりと深めることができます。さらに特進コースは3年間クラス替えが無いので絆や団結力が強く、文化祭などの行事がとても楽しく行われています。
 私はこの夏休みにオーストラリアへホームステイに行って来ました。異文化交流ということで、日本との違いにとまどいましたが、とても良い経験になりました。私は英語に対して苦手意識があって、もちろん話すことにも苦手意識がありました。しかし、このホームステイで頑張って話そうとしていると、相手も聞いてくれようとしてくれました。このような経験のおかげで英語に少し興味を持てるようになりました。

 
Y. A(普通科3年)

 私が今一番努力していることは、学業とクラッシックバレエの両立です。電車での移動時間や学校での休み時間などを上手に時間を使って、クラスの皆に置いていかれないように必死に努力しています。こんなに普段から努力出来るようになったのも、入学して「自分の夢」というものを見つけられたからなのではないかと思います。
 私は、アメリカの州立大学に行ってダンスや演劇などを学び、舞台芸術関係の仕事に就きたいと思っています。将来、日本で働くか海外で働くかはまだ分かりませんが、アメリカの州立大学へ行って英語が話せるようになれば、きっといつか役に立つだろうと思うので、この夢を絶対叶えると決めました。
 以前、母と2人でロサンゼルスに行って、路上で踊っている人々を見て「私もこの位、ダンスを楽しみたい」と思ったこと、そして、アメリカ人のフレンドリーさや親切さに「素晴らしいな」と思って、「アメリカに住みたい」と強く思ったこと、そのときから始まった夢です。この夢を叶えるためには、ダンスの技術も学力も上げなければなりません。そしてアメリカの州立大学入学の推薦資格を取るには、内申点がかなり良くなければならないので、英語だけ出来ても駄目なのです。決めたからには絶対に叶えてやる。そんな思いで日々努力しています。

 
N. I(商業科3年)

 私は何よりも商業科目が好きです。一年生の最初は簿記が何かもよく知らず、不安を抱えていました。ですが、商業科目は中学校では習わないので、全員が同じスタートになるので、実際は不安なことなど1つもありません。また、商業科の1番の魅力は資格が取れることです。1年次で3級を取得し、2・3年次で2級・1級と上級の取得を目指します。私はより多くの上級を目標に勉強することで、簿記と電卓の1級を取得することができました。1級となると授業では勉強していないことも含まれて、取得するのは困難だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。多くの先生方が協力してくださるので、心配することなく挑戦できます。私が入学前に惹かれた「頑張るあなたを応援します」という言葉のとおりです。
 私達は今、「課題研究」という科目で商品開発をしています。この科目は、会社を創立する所から一通り行うので、将来役立つような事を多く学べ、貴重な体験ができ、それも商業科の魅力の1つだと思います。私はもう3年の後半ですが、高校生活を振り返ると、学習面でも生活面でもとても充実していると感じるので、千葉経済の商業科を選択して良かったと思います。

 
M. M(商業科3年)

 私が本校を選んだ理由は大きく分けて二つあります。一つ目は、私の兄と母が本校の卒業生で、強く勧められたことです。文化祭やオープンキャンパスに行った際、校舎の清潔さに驚きました。また、最上階の9階には広い展望レストランがあり、エレベータ、エスカレータも完備されていて、まるで学校ではないようでした。母と兄からは、先生方の教育の熱心さがとても伝ってくる学校だと聞きました。1人ひとりに目を配り、生徒の個性を引き出してくれる先生方ばかりで、兄の大学進学の際は学校選びから入学まで、最後までサポートし続けてくださったそうです。
 二つ目は、専門科があることです。普通科に加え、商業科、情報処理科の3学科から学びたい学科が選べます。人とは違うことができるようにしたい。-私はすぐに専門科へ入学したいと強く思いました。
 今、私が頑張っていることは簿記です。簿記とは商品売買の際に発生するお金や商品の管理を記すことです。普通科では学べない専門的な知識を得ることで、検定に挑戦し、就職を有利にすることができます。これからもたくさんの検定に挑戦し続けたいと思います。

 
Y. H(商業科3年)

 私が本校を選んだ理由は、入試説明会での校長先生の言葉です。「頑張るあなたを応援します」という言葉を聞いて、この高校なら私も何事も頑張れるんじゃないか、と思えるようになりました。最初、私は私立の高校を受けるつもりがなくて、公立の高校のことばかり考えていました。しかし、入試説明会に1度足を運んでみたら「どうしてもこの高校がいい」と思い、一発で決めてしまいました。先生方や先輩方もとても優しくしてくれて、頑張ろうとしている私たちを応援し続けてくれます。
 2年の経高祭では、私たちのクラスはお化け屋敷をやりました。クラスの団結がなかなか無かった私たちのクラスは、経高祭の前日にも準備は全く終わりませんでした。しかし、この経高祭を通して、1つにまとまることができたのです。男女の壁がなかなか取れなくて悩んだこともたくさんありましたが、他のどのクラスよりも仲良く、団結力のあるクラスになったんではないかなと私は思います。2日間の経高祭も無事に終了して、とてもいい思い出をつくることができました。
 本校では、たくさんの活発な部活があること、たくさんの資格を取ることができること、そして何よりたくさんの新しい仲間たちに出逢えることが魅力です。私はこの高校に入ることができて、本当に心からよかったと思えます。受験のことについて悩んでいる方は、とにかくまずは学校の説明会などに積極的に出ることをお勧めします。もうすぐ受験の時期で不安もいっぱいだと思いますが、高校に入れば必ず楽しいことが皆様には待っています。あせらずに、自分の行きたい高校に行けるように努力することが大切です。楽しい未来が待っています。

 
M. T(商業科3年)

 私が高校に入学してから努力しているのは、これからの進路に向けて勉強することです。1年生から考えるのは早すぎない?とか思う人も居るかもしれません。しかし、高校時代の進路決めは中学生からの進路決めと違って、選べる範囲がとても広くなります。だから、今のうちに出来るだけ勉強して、より良い大学に進めるようにがんばっているのです。
 本校では勉強だけでなく、クラス全員で協力して作る文化祭や、一人一人が全力を出して戦う陸上競技大会があります。また、夏休みには行きたい人が行けるオーストラリアへのホームステイもあります。勉強や行事の他に学校生活全体がとても充実しています。私達が使う教室は新校舎に変わり、各教室には冷暖房が設置されています。エレベータやエスカレータで9階に行くと展望レストランがあります。そこにはランチメニューの他に、パンやサンドウィッチ、ポテトやクレープなども売っていて、種類が豊富で味もとてもおいしいです。すごくオススメです!!

 
K. Y(情報処理科1年)

 現在、私が本校で頑張っていることは、情報処理科の授業と資格の取得です。この間、英語検定がありました。入学して初めての試験でしたが、日頃の勉強の成果が発揮される時間でもありました。「過去問」を勉強する中で、わからない問題を先生や友達に聞くことで、取得に対するやる気が生まれたり、互いに頑張ろうという気持ちになり、勉強が楽しくなりました。
 私はビジネス基礎、情報処理、簿記といった普通科には無い科目の授業を受けています。この3科目は、社会に出てから必ず役に立つ科目です。社会のルールや知識、パソコンの高度な操作会計の仕方や記述の仕方を全て学ぶことができます。公立高校にはふつうは無い学科なので、新しいことにチャレンジしたい!という方には、自分自身を変えていく事ができると思います。私は入学当初は不安がありましたが、今は入学して本当に良かったと思っています。

 
S. I(情報処理科2年)

 皆さんは、情報処理科のことをどのように思っていますか? 多分、多くの人が「専門分野だから難しそう・・・」「コンピュータのことなんか、何もわからない」と思っているはずです。だけど、そんなことを心配する必要はありません。情報処理科の先生方は、1から丁寧に教えてくれます。最初は基礎から学び、だんだんと発展していって、はやい人では、1年生のうちに検定試験にも合格することができます。みんな検定試験のために毎日頑張り、卒業までに1級の取得を目指しています。検定試験なんて面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、大学進学や就職のときにとても有利になります。勉強していくうちに、苦手な教科と得意な教科が分かれてくる人もいると思いますが、その人の特性を生かして、得意な教科をのばし、自分の進路を決められたりしたらいいと思います。
 進路について悩む人もたくさんいると思いますが、それについては問題ありません。なぜかというと、とても充実している進路指導室があるからです。そこには、大学、短期大学、専門学校の資料が棚いっぱいに並んでいてとても便利です。他にも検索用のコンピュータがあったり、進路担当の先生もいます。進路に悩んだ際は、そこに行って解決するといいでしょう。

 
M. Y(情報処理科2年)

 私が本校を選んだ理由は、端的に言うと一目惚れです。「何となく」で行った本校の説明会のときです。本校ならではの地震対策や展望レストラン、本校卒業生のお話などを色々と耳にして、展望レストランは実際に見学しに行ったりして、この高校にしようと決めました。
 私は入学してから資格の取得に精を出しています。情報処理科なので、情報についての授業が多いです。情報に関しては全く初心者だったので、授業にちゃんとついていけるか不安でしたが、先生がきちんと1から丁寧に教えてくれているので、今ではその不安も消え、楽しく授業に参加できています。
 高校を選ぶのに大切なのは、やはり説明会への参加だと思います。

 
H. Y(情報処理科3年)
 私が本校に入学して努力していることは、資格取得です。情報処理科なので、たくさんの検定を取得できます。1年生の頃には普通の授業に加えて、検定合格に向けた授業もしてくれます。丁寧に説明していただけるので、何も分からなかった私でもたくさんの検定をとることができました。パソコンの操作が分かるとちょっとうれしくなります。もともと得意な人ならばスキルを高めることができます。2年生になると、検定試験はほぼ自由参加になり、自分のやりたいものを、自分のペースで挑戦できます。
 私は、パソコンをいじるのが好きなので、ワープロ部に入りました。ワープロ部ではパソコンの練習をはじめ、資格取得に向けたスキルアップをしたりできます。検定は進学や就職の大きな力になってくれるはずです。私の先輩も、大学の面接で、検定の話で盛り上がり、とても良い手ごたえがあったと話していました。みなさんには早いかもしれませんが、資格は取っておいて損はしないものです。

 
J. 0(情報処理科3年)

 私が千葉経済高校に入学して変わったところは、学業に対しての意識です。中学ではなかなか取り組めなかった勉強ですが、本校に入学してからは授業の予習や復習を自主的に行うようになりました。理由は1から学べる新しい科目と快適に勉強できる設備が整っているからです。
 本校の図書館には、個室のように隔てられた個人の勉強スペースがあり、集中しやすいのが魅力的です。また新校舎の9階は展望レストランになっていて、放課後のテスト勉強などに沢山の生徒が利用しています。
 そして、新しい科目である情報処理、簿記、ビジネス基礎など社会に出て役立つ科目を勉強できます。普通の高校では学べない科目で、みんな1からのスタートです。ですので、みんなより遅れることなく、やる気も上がります! お陰で私は得意科目が増え、定期テストや小テストも良い成績を収めています。
 私は今、珠算・電卓実務検定やワープロ検定などの資格試験に向けて勉強しています。勉強することが多くて大変ですが、その分新しい知識が増えて自信へと繋がっています。

 

LINK

 

ADDRESS

〒263-8585
千葉県千葉市稲毛区轟町4-3-30
TEL: 043-251-7221
FAX: 043-284-0124

 

MOBILE SITE

千葉経済大学附属高等学校 携帯サイト
http://www.cku-h.ed.jp/m/
QR CODE
携帯でQRコードを読み取って
携帯サイトにアクセス!